• USEN少額短期保険

リスク管理基本方針

HOME > リスク管理基本方針

少額短期保険会社を取り巻くリスクは、複雑化、多様化かつ高度化しています。この様な状況下において、自己責任によるリスクの的確な把握とその適切なコントロールによる厳格なリスク管理は少額短期保険会社の経営における最重要課題の一つと認識しています。
弊社では様々なリスクを統合的に管理するため「コンプラアンス・リスク管理委員会」を設置し、リスク管理のためのノウハウの研究を行います。さらに経営陣がリスク管理方針の確立、管理体制の整備、改善や適切なリスク管理を行う為の人材の育成と配置についても積極的に関与する体制を整えます。

1.保険引受リスク

保険事故の発生率等が保険料設定時の予測に反して変動した場合に被る保険リスクに対して、保険計理人の意見を充分に勘案して、責任準備金の積立状況や資本金の水準等に基づき必要に応じて保険金限度額、保険料の再設定等を行うものとします。

2.流動性リスク

資産の価格変動による損失に備えるため、総務経理部において適切に資産を管理し保険業法に則り、価格変動準備金を積み立てます。

3.システムリスク

システムダウンまたは誤作動、コンピュータの不正使用、機密情報・個人情報の流出により損失を被るリスクについては、システム全体の管理と運営維持を専門のシステム会社との業務委託契約を締結し体制を構築します。
また、委託業務に関するリスクを軽減するため、機密保持をはじめセキュリティ事項、業務内容、損害賠償等を委託契約書に明記し取り交わします。

4.再保険を付す際の方針

弊社では、引受けた保険契約に係るリスクの一部を、再保険に付すことでリスクコントロールする場合は、以下の方針に基づき運営します。

①再保険会社に対する基本方針
(ア)出再については、引き受けているリスクの規模や集中度を十分に把握し、適切かつ妥当な出再率及び出再額を決定します。
(イ)再保険契約締結により経営の健全性を、損なうことを未然に防止するため、再保険会社の選定は留意し与信管理を実施します。
(ウ)再保険契約の成績及び再保険契約の回収状況をチェックし、リスク管理上有効な方法で定期的に確認します。
②再保険カバーの入手方法
再保険契約は、保険引受リスクの観点からその効用と効果を十分に評価し、信頼性の高い再保険会社に限定することにより、安定した再保険カバーの確保と信用リスクの回避、軽減に努めます。

以上

↑TOP